エイズ検査の必要性|早期発見が大切になる

ナース

年々増えている

カウンセリング

HIVの正式名称は「ヒト免疫不全ウィルス」と言います。HIVウィルスに感染してしまうと免疫力が下がっていきます。HIVウィルスの潜伏期間は人によって変わってきますが、長い人では10年程とされています。HIVの感染経路は主に性行為となるので、不安に思う行為がある場合は早急にHIV検査をしましょう。

HIVウィルスに感染していても、自覚症状に気付かないことが多いです。それは、初期症状は風邪やインフルエンザと同じような症状だからです。しばらくするとその症状も治まるため、普通の生活ができます。しかし、その間にもHIVウィルスは体内で増え続けていますし、他の人と性行為をした場合は、相手にも感染させてしまうリスクもあります。

HIVは目に見える病気ではないですし、エイズを発症するまでは無症状の期間が続きます。HIV検査を受けることで感染したかを知ることができますし、早めに感染が分かることで治療を受けることもできます。HIVウィルスに感染していても、適切な治療を受けることでエイズの発症を抑え、これまでと変わらない生活を送ることができるのです。

日本は先進国の中でもHIVウィルスに感染する人が年々増加しています。世界ではHIVやエイズに関するイベントや授業が発達していますが、日本は知識不足の人が多いと言われています。感染者を防ぐためにも、定期的にHIV検査を受けることが大切なのです。自分には関係のない病気だと思わずに、パートナーがいる人はお互いにHIV検査をしましょう。