エイズ検査の必要性|早期発見が大切になる

ナース

日本で一番多い

先生と看護師

若い人に多くなっている

10代~20代を中心に増えている性病があります。それは「クラミジア」です。性病は無症状の期間が比較的多いため、発症して気付くケースが少なくありません。以前は、性病といえば風俗に通う男性のイメージが強かったですが、近年ではそういったことは関係なく、普通の日常生活を送る人の間でも性病は広がっています。クラミジアに感染している可能性がある人は、性病検査をしましょう。

クラミジアの症状

クラミジアの症状は男女によって異なってきます。男性の場合は、尿道に感染することが多いため、尿道から膿が出たり、排尿時に痛みが発生したりします。治療をしないままだと、前立腺炎に発展する可能性があるので注意が必要です。
女性の場合は、子宮頸管へ感染することが多いため、おりものが増えたり、下腹部の痛みが続いたりします。男性と比べ女性の場合は自覚症状に気付かない人が多いと言われています。ですが、女性の場合は、放置したままだと不妊症になる恐れがあるので危険です。

性病検査を受ける

クラミジアは完治できる性病です。性病検査を受けクラミジア感染が分かった場合は、抗生剤を服用して治療となります。完治の期間は人によって変わってきますが、だいたい1週間程と言われています。その後に、再度性病検査をしてクラミジア陰性となれば、治療が終了します。クラミジアが完治しても再感染する人もいるので、性行為を行なう際はセーフセックスで予防を心がけましょう。